ほぼ無人の飛行機でシドニーへ。厳しい制限で暮らす豪州スタイル

新型コロナウイルスの対応では、世界の中でも対策の有効性が高いとされているオーストラリア。CNNによると、西オーストラリア州では先月末にロックダウンに入るなど、今も制限された状況で人々は生活しているようだ。ここでは、現地在住者がオーストラリアで体験した隔離生活や、新しい生活スタイルで暮らす人々の様子を紹介する。

■シドニーでの14日間の隔離生活

世界が新型コロナウイルスの影響でロックダウンを始めていた2020年5月に、私は唯一残っていた羽田とシドニーを結ぶフライトに乗り、里帰りしていた日本からオーストラリアに帰ってくることができた。

▲キャンセルだらけの電光掲示板

新型コロナウイルス感染を防ぐために、オーストラリアでは3月に国境を封鎖しており、国民と永住権を持つ人しか入国ができなくなった。ゴールデンウィークなのに誰もいない空港、キャンセルされたフライトで埋め尽くされた電光掲示板を見たのは、生まれて初めてだった。

チェックインの際にオーストラリアでは2週間の隔離生活をしなければいけないこと、それに同意しなければ飛行機に乗れないこと、永住権を持っていることを何度と確認され、やっと搭乗を許可される厳重ぶり。機内には18人の乗客しか乗っておらず、不気味なほど静かで、これが現実で起きていることなのかわからなくなったほどだ。

▲人が乗っていない飛行機でオーストラリアへ

無事にシドニーに到着すると検温・問診を受けて、そのまま警察官や軍人に囲まれながらバスで指定のホテルまで案内され、14日間のホテルでの隔離生活が始まった。

部屋から一歩も出られず、窓も開かない隔離生活は意外と快適で、人と会わないだけでこんなにもストレスを感じない生活ができるのかと驚いたほどだ。食事は朝・昼・晩・おやつと4回ドアのところに置かれていて、足りなければデリバリーも頼むことができる。

アレルギーや宗教上の理由で食べられないもの、ヴィーガンなど事前に伝えておけばその人に合った食事が用意される。毎日必ず炭酸飲料とスナック菓子が付いてくるあたりはオーストラリアらしかった。

スマホで1日の歩数を測ってみたら50歩と運動不足気味になったが、部屋には無料のWiFiやTVもあり、窓から見えるシドニー中心街の景色は見ていて飽きることはなく、特に不便なことはなかった。

▲隔離生活で出された食事

しかし、人によっては閉鎖的な空間に耐えきれずホテルから脱走したり、精神的にかなり負担があったとのニュースも目にした。私はというと、誰にも邪魔されず本を読んだり、ネットをしたり、心ゆくまで寝ていたりと久々に学生時代に戻ったかのような時間だった。

■オーストラリアの新しい生活スタイル

14日間の隔離生活が終わった後は、フライトで自分が住んでいるブリスベンへと向かった。しかし州境は封鎖されていて、事前に許可証を取得していなければ移動はできない状態。そして許可証を持っていても、州をまたいだ先で14日間の隔離生活をしなければいけないなど厳しい制限があった。

私はすでに隔離生活を終えていたので、特別にブリスベンでは免除され空港からすぐに家に帰ることができたが、ブリスベンの家に戻ってからは、今までとは違った日常が待っていた。

レストランは店内に入れる人数が面積によって決まっており、テイクアウトがメイン。店内で飲食をする場合は、入店前に店側が用意したノートに名前・電話番号・住所・滞在日時を記入、もしくはQRコードを読み取って専用ページに入力しなければならない。

店員がノート、もしくはスマホの入力画面を確認してからじゃないと入店はできない。ノートの場合、個人情報がダダ漏れだったが、もしも店内で感染者が出た場合、追跡しなければならず、感染が広がれば再び店が閉まってしまうことを考えると皆、素直に書いていた。

レストランによってはテーブルにQRコードがあり、それをスキャンするとそこから注文・支払いが可能で、人の動きを最小限にしようと試みているところもあった。

▲レストランに掲示されたQRコード

学校は休校となり、自宅からのオンライン授業が主流となった。もともとオーストラリアは、どの街に住んでいても平等にどの教科も受けれるようにと(地方では教員が足りずに専門的なスキルを必要とする科目が行えない)、オンライン授業をしていたこともあって、日本ほど現場が混乱することはなかった。

エッセンシャルワーカー(医療従事者・スーパーの店員・福祉関係者など)が家族にいる子どもは、例外として学校に行くことを許可されていた。子どもが家にいると親が仕事に行けないためである。

ジムは完全予約制になり、滞在時間は1時間厳守。時間制限があるので、スマホをいじりながらダラダラと運動をしている人は減ったように思う。

除菌シートもあちこちに置かれて、器具を使う前、使った後は必ず拭いたり、タオルを持参しなければジムの利用ができなくなったりと、清潔面がかなり向上して人々の意識の変化が見られた。他人の汗だらけの器具を見て、ため息をつくことがなくなったことが個人的には嬉しい変化だった。

新しい生活スタイルに、混乱しながらも慣れていかなければならない日々だったが、今まで改善が難しかった人々の意識の変化が、このように短期間で起こせたのはコロナの功績ではないかと思う。

■生鮮食品が値上がりした理由

国内の感染者が少しずつ増えていくと、行動の制限も少しずつ増えていった。家に呼べる人数は5人、3人と刻々と変化する状況に合わせて各制限も変わっていき、誕生日などのイベントでは、Aさんは呼べるけど、Bさんは子どもを連れてこなければいけないので、人数オーバーになってしまい呼べなくなってしまうなど、人間関係にも影響が出てきた。警察が見回りをしており、違反した場合は罰金などを受けてしまう。

新型コロナウイルスは物価にも影響を及ぼした。特に生鮮食品は、働き手の大半を占める外国人労働者が国外から来ることができず値上がりをした。

国内にいる外国人労働者たちは本来、季節ごとに収穫できる農場を変えて州をまたいで移動する。そして移動しながらオーストラリア各地の観光も楽しむというスタイルが人気なのだが、州境が閉じて移動ができなくなったため、トラックの荷台に隠れて不法に州境を渡るという事例も出てきた。さらに母国に帰りたくても飛行機が飛んでおらず、国内で足止めを食らい身動きが取れなくなってしまった人たちも多くいた。

シドニーでは、レストランの皿洗いの仕事に6000人が応募するほど就職難な国内の状況で、外国人労働者が仕事を見つけることなど至難のわざである。

それでもオーストラリア国民、永住者は政府からの経済的支援を受けることができる。コロナ禍で仕事を失った人はJob Seeker、自粛などで仕事ができなくなってしまった人はJob Keeperという支援策があり、2週間おきに約12万円ほどが支給されていた。

その効果と呑気なオーストラリアの国民性もあってか、コロナ禍で仕事をしていなくても、多くの人がこの新しい生活スタイルを極力楽しもうと、ポジティブ思考で行動をしていたように見えた。私の友人は、10ヶ月のあいだ毎週100以上の仕事に応募して、未だに仕事がなくても「まぁそのうち見つかるでしょ」と、のほほんとビールを飲んでいる。

そして家にいる時間が多くなり、家の中でできる趣味に没頭する人が増えてきた。特に裁縫は男女問わず人気が出てきて、一部のミシンは購入まで2ヶ月待ちになるほどになった。オーストラリアでも放映していた裁縫をテーマにしたリアリティショー『ソーイング・ビー』は、裁縫ブームの後押しもあって大人気になったり、私のパートナーもネットショップで枕カバーや猫用のテントなど作って、副業を始めていた。

▲ネコ用のテント

■厳しい制限にともなう経済援助の功罪

行動制限の効果もあってか、国内の新規感染者は徐々に減っていき、しばらくゼロのままを維持し、厳しかった制限も少しずつ解除されていった。

レストランや商業施設も再びオープンし、久々にパブでビールを飲んでいたとき、顔馴染みのバーテンダーに「仕事が再開してよかったね」と声をかけてみたところ「家でぐうたらしてゲームしながら政府からお金を貰ってたほうがよかったよ」と嘆いていた。

人の行動を制限するには、それに見合う経済援助のようなリターンが大切なのだなと痛感した瞬間だった。ちなみに、この経済援助は徐々に減らされていき、怠け癖がつく前に重い腰を上げて職探しをするよう政府は促している。

新型コロナが世界に与えた影響は計り知れないが、そのなかでものんびりとしたオーストラリアの風土が失われずに人々が変化を恐れずに受け入れていく様を体験する日々は、とても貴重な体験だった。多国籍文化のオーストラリアは、普段は一致団結することが非常に難しい国なのだが、ここぞ!というときは、協力して柔軟に対応できる国と改めて知ることができた。

しょご先生
日本で初めてのゲイのコンテスト、ミスターゲイジャパン初代グランプリで現役高校教師。現在は日本一わかりやすい性教育のしょご先生として、学校では教えてくれない性トピックを中心に情報発信中。
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCz09dV4Dn5BkoXzCryignDQ
Twitter: https://twitter.com/mrgayjapanshogo

関連記事(外部サイト)

×