米朝の遺骨返還協議、北朝鮮側が姿を現さず

米朝の遺骨返還協議は不発に終わる 「北朝鮮側が会談に参加しなかった」との情報も

記事まとめ

  • 北朝鮮と米国の朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨返還協議を12日に行う予定だった
  • 韓国政府関係者は「北朝鮮側から会談に参加しなかった可能性がある」と語った
  • 米国側は先立って、北朝鮮に会談の時間を通知したが、北朝鮮は最後まで答えなかった

米朝の遺骨返還協議、北朝鮮側が姿を現さず

米朝の遺骨返還協議、北朝鮮側が姿を現さず

米朝の遺骨返還協議、北朝鮮側が姿を現さず(提供:news1)

北朝鮮と米国の朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨返還が、北朝鮮の不参加で事実上、不発に終わったことがわかった。

米朝は12日午前10時、板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)内の軍事停戦委員会小会議室(T3)で、国連軍司令部と北朝鮮軍のチャンネルを通じて、関連会談を進める予定だった。

当初、米国側が午前、板門店に入ったことが確認され、会談が開催されたと伝えられていたが、北朝鮮側が会談の場に乗り出したかどうかは、まだ確認されていない。

政府関係者は「協議がうまくなっていないと聞いている」とし、「北朝鮮側から会談に参加しなかった可能性がある」と話した。 外交部当局者も「米国側は会談の場に行ったが、北朝鮮側が来たという知らせがない」とし、「会談が開かれていないと聞いた」と伝えた。

米国側は先立って、北朝鮮側に会談の時間を通知したが、北朝鮮側は最後まで答えなかったことがわかった。米国側は板門店で状況を注視しながら待機したが、北朝鮮側は最後まで現れなかったという。

関連記事(外部サイト)