韓国国防部、遺骨発掘鑑識団長の公金横領・セクハラ疑惑を調査

韓国国防部、遺骨発掘鑑識団長の公金横領・セクハラ疑惑を調査

韓国国防部、遺骨発掘鑑識団長の公金横領・セクハラ疑惑を調査

韓国国防部は、公金横領と部下へのセクハラ疑惑などが浮上した遺骨発掘鑑識団長に関して先月20日、職位解除したと5日明らかにした。

国防部の関係者は「調査本部で、イ某大佐を相手に正確な事実関係を把握している」とし、「一部問題の事実が確認されたため、まず職位を解除した」と説明した。

国防部によると、イ大佐は部隊の運営費の一部を個人的な用途に使い、部下の女性に対してセクハラ発言をした疑惑がもたれている。

一方、国防部は来年から遺骨発掘鑑識団長に民間人(公務員)を任命する方案を検討中。これまでは、陸軍大佐が団長を務めてきた。

関連記事(外部サイト)