韓国・大学病院での新生児死亡事故、医療陣に対する4次聴取へ

韓国・大学病院での新生児死亡事故、医療陣に対する4次聴取へ

韓国・大学病院での新生児死亡事故、医療陣に対する4次聴取へ

ソウル・梨花女子大木洞病院で新生児が相次いで死亡した事故を捜査中の警察は、連日病院スタッフを召喚し、調査に拍車をかけている。

新生児重患者室所属の医療陣を対象にした4回の聴取で、診療システムと死亡前後の新生児の状態について調査する。

ソウル地方警察庁広域捜査隊は29日午前10時30分より、梨花女子大木洞病院の新生児集中治療室の専攻医1人と看護師2人を参考人として呼び、聴取していると明かした。

警察は、死亡当日に勤務していなかった専攻医には専攻の当直診療システムと新生児らの死亡前の状態を、また死亡前日に勤務していた看護師2人からは当時の新生児らの状態とシステムなどについて聞く方針だ。

関連記事(外部サイト)