強風で江陵オリンピックパークの屋外施設運営、全面中断=韓国

強風で江陵オリンピックパークの屋外施設運営、全面中断=韓国

強風により江陵(カンヌン)オリンピックパーク企業広報館と記念品店の運営がすべて中断され、一部の試合が延期された。(提供:news1)

強風により江陵(カンヌン)オリンピックパーク企業広報館と記念品店の運営がすべて中断され、一部の試合が延期された。

江陵市が14日午前10時、強風特報を発令した中、この日午後、江陵オリンピックパーク内のサムスン電子、KT、起亜車、VISAなど企業広報館とオリンピックパークの公式記念品店の運営が全面中断された。

現場のKT広報館関係者は「平昌オリンピック組織委員会から強風により施設運営を全面中断しなければならないという指針が来た」とし「今日、広報館運営の再開することはない」と明かした。

これは施設を訪問するために屋外へ移動する観覧客の安全を保護しなければならないという現場の判断によると決定だ。ただし組織委員会の関係者は「リアルタイムで状況を把握中だが、現在まで事故はない」と述べた。

一方、この日午前10時に龍平アルペン競技場で予定されていたアルペンスキー女子回転も延期された。

関連記事(外部サイト)