“朝鮮人追悼碑” 設置更新不許可は違法、群馬県の処分取り消し

朝鮮人追悼碑「設置更新不許可は違法」と判決 前橋地裁が群馬県の処分を取り消し

記事まとめ

  • 群馬県内の工場と工事現場に強制徴用され犠牲となった朝鮮人を追悼するための追悼碑
  • この追悼碑は2004年、政治的な行事をせず、県の許可を更新することを条件に建てられた
  • 前橋地裁は14日、群馬県の「更新不許可の処分」は違法だとしてこれを取消した

“朝鮮人追悼碑” 設置更新不許可は違法、群馬県の処分取り消し

“朝鮮人追悼碑” 設置更新不許可は違法、群馬県の処分取り消し

日本・群馬県内の工場と工事現場に強制徴用され犠牲となった朝鮮人を追悼するために建立された追悼碑に対する群馬県の更新許可の処分が違法だと14日、判決が出た。

日本・群馬県内の工場と工事現場に強制徴用され犠牲となった朝鮮人を追悼するために建立された追悼碑に対する群馬県の更新許可の処分が違法だと14日、判決が出た。

日本メディアよると、市民団体が許可処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、前橋地裁は14日、群馬県の処分は違法だとしてこれを取消した。

この追悼碑は2004年、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」に宗教的、政治的な行事をせず、県の許可を10年ごとに更新することを条件に建てられた。 多くの市民団体が協力して建てた同碑にはハングルと日本語で「記憶 反省 そして友好」と書かれている。

県側は「追悼碑を守る会」が毎年開く追悼式で、参加者が戦時中の朝鮮人動員を「強制連行」と表現したり、日本政府を批判したのが、「政治的な行事を開いていない」という許可条件を違反したとして、2014年7月に期間延長を不許可とし、撤去を要求した。

関連記事(外部サイト)