「北朝鮮の児童、2割が栄養失調」国連援助調整官

北朝鮮の食料事情などを視察するため、9〜12日に訪朝したマーク・ローコック国連事務次長(人道問題担当)兼緊急援助調整官は、今回の訪朝を通じて北朝鮮では依然として人道主義への挑戦が続いていることを確認し…

記事全文を読む