「日本との決着、意志が強まる」北朝鮮が竹島問題で反発

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、「日本の反動層が独島(竹島)に対する『領有権』をあくまでも固執するのは朝鮮再侵略の口実を設ける」ためだとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。論評は、日…

記事全文を読む