金正恩の拷問部隊が「女スパイ」処刑…新型ウイルス渦中で憶測広がる

北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)会寧(フェリョン)で今月初め、保衛部(秘密警察)の情報員として働いていた中国在住の40代女性が処刑された。ところが、新型コロナウイルスの拡散を防ぐために国境が…

記事全文を読む