金正恩の聖地で「吊し上げの刑」…男女5人がふけった禁断の行為

踏事(タプサ)とは、金正恩総書記の祖父・金日成主席の抗日パルチザン活動の足跡をたどる一種の聖地巡礼を指す、北朝鮮の用語だ。様々なコースがあるが、いずれも山奥で、聖地巡礼だけあって徒歩での移動を強いられ…

記事全文を読む