高血圧治療薬、中国製原料に発がん物質 日本など8カ国が自主回収

欧州薬品管理局(EMA)が5日、中国製薬会社の華海薬業が生産したバルサルタンに、発がん物質のN―ニトロソジメチルアミンが混入されていると発表した。バルサルタンは、高血圧の治療薬の原薬だ。ドイツ、イタリ…

記事全文を読む