東京で“夏風邪”ヘルパンギーナ患者が急増 警報区域が拡大

子どもを中心に流行するいわゆる“夏風邪”の感染症「ヘルパンギーナ」の患者数が、東京都内で急増しています。医師は8月中旬まで増え続ける可能性があるとして、小まめな手洗いをするよう予防を呼び掛けています。…

記事全文を読む