「水を運ぶ人」から「便をもらう人」へ。鈴木啓太の挑戦

◆「水を運ぶ人」が起業家として活躍 サッカー元日本代表の鈴木啓太といえば、浦和レッズ一筋でプレーを続け、献身的なプレースタイルからオシムに「水を運ぶ人(チームのために献身的に走るボランチを評しての言葉…

記事全文を読む