厚労省“宴会部署”感染対策マニュアルにお酒への注意喚起文

厚生労働省の職員23人が宴会を開いていた問題が、全国の介護事業者に大きな衝撃を与えているという。じつは宴会を行った職員が所属する老健局は高齢者医療や福祉などを担当する介護事業の所管部署だ。ウイルスへの…

記事全文を読む

×