バッハ会長 再来日も隔離免除…さらに“国賓扱い”で「忖度まみれ」と批判殺到

8月24日に開会式を控えた東京パラリンピック大会。しかし新型コロナウイルスに罹患した選手や大会関係者がすでに140人を超えるなど、開幕前から懸念が広がっている。そんななか23日に、IOCのトーマス・バ…

記事全文を読む