丸川大臣“パラは子供の心にレガシー残した”と再び自賛…「自己満」と呆れ声

「厳しい状況の中でも、子供たちの心にレガシーを残せたのは大変意義がある」こう話したのは、丸川珠代東京五輪担当大臣(50)だ。『デイリースポーツ』によると、丸川大臣は9月10日、閣議後の定例会見で東京オ…

記事全文を読む