身に覚えないバッグや海産物が“代引き”で届く「送り付け商法」正しい対処法とは?

「コロナ禍以降、在宅時間の増加に伴って、送り付けによるトラブルに遭う人が増えています」そう語るのは国民生活センターの担当者だ。買った覚えがない商品がいきなり届いたり、電話勧誘で断ったのに商品が強引に届…

記事全文を読む