冬の室内、適切な“湿度”は何%? 知っておきたい、環境と湿度の基本を解説

冬の室内、適切な“湿度”は何%? 知っておきたい、環境と湿度の基本を解説

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 冬場の室内湿度は40%が適正なレベルで、それ以下になると体に悪影響が出る。
  • 湿度が低いと汗が乾きにくくなり体内の水分が失われやすく、肌荒れや風邪の予防にも影響する。
  • 室温を22~23°C、湿度を40%前後に保つことで、体調管理にもなる一方で快適な環境を保つことができる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment0