「バトンは男の子がやるものではない」親の反対押し切り世界一、“五輪採用”目指して奮闘

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題し…

記事全文を読む