低調続く児相の臨検 児童の安全確保に二の足 保護者の反発も懸念

 対応の遅れから幼い命が奪われる児童虐待事件が各地で相次ぐなか、児童相談所(児相)が裁判所の令状を受けて実施する、強制の立ち入り調査「臨検」の件数が平成20年度の導入以降10年間で、17件にとどまって…

記事全文を読む