IWC脱退「評価」7割 外務省世論調査 9割が東アジア「厳しく」

 外務省は17日、平成30年度の外交に関する国内世論調査の結果を発表した。商業捕鯨再開を目指し、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する政府の決定について「評価できる」と「どちらかと…

記事全文を読む