骨太方針の素案を提示 氷河期世代の正規雇用を3年間で30万人増

 政府の経済財政諮問会議は11日、経済財政運営の指針「骨太方針」の素案を提示した。30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代を集中的に支援し、今後3年間で正規雇用者を30万人増やす数値目標を掲げた。社会…

記事全文を読む