「名ばかり」批判も…関電・第三者委、問われる独立性

 関西電力が9日、金品受領問題の解明に向け、元検事総長の但木敬一氏をトップとする第三者委員会を発足させた。メンバー全員が弁護士で構成されており、同社の岩根茂樹社長は「利害関係がなく、中立性、独立性のあ…

記事全文を読む