【台風19号】相次ぐ企業店舗の計画休業、企業意識に変化

 台風19号の接近に伴い、スーパーや携帯電話販売店は、早々と12日の休業を決めるなどの危機対応を講じた。従来は「顧客重視」の観点から、台風が近づいても開店する努力をしてきた各社だが、交通機関の計画運休…

記事全文を読む