パパ活市場に“ピンク嬢”が続々参入「肩書きはエステティシャンと偽って…」

 新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、夜の街のクラブやキャバクラなどいわゆる“接待を伴う飲食店”が休業や時短営業を余儀なくされる中、活況を呈しているのがパパ活市場だ。「水商売は実入りが良い反面、…

記事全文を読む