門田さん 貫いた本塁打狙う独自の理論 「安打の延長が本塁打」の定説に「本塁打の当たり損ねが安打」

 74歳で死去した門田さんは、南海での88年に40歳で44本塁打、125打点の2冠に輝き「不惑」が流行語となるなど社会現象にもなった。44歳まで現役を続け、通算567本塁打のうち、133発を40代でマ…

記事全文を読む