小室圭さんのNY金欠生活「手打ちうどん自炊」「夏休みは帰国しない」

「霞を食べて生きる」とは、浮世離れして実入りのない暮らしの喩えである。が、この青年の場合はもっぱら、霞のかわりに夢を食べ続けているから厄介なのだ。 昨年8月、喧噪から逃れるように渡米した小室さんは、フ…

記事全文を読む