帰国しそうもない「ガーシー議員」 刑事・民事での責任追及は無理 ならばどうすべきか?

 早くもと言うべきか、やっとと言うべきか、Twitterで「#ガーシー辞めろ」のハッシュタグが付いたツイートが急増している。専門家からも「このままの状況なら議員を辞めてもらうよう、国会は真剣に考えるべ…

記事全文を読む