岸田首相が内閣改造を決断した「もう1つの理由」

■国葬と旧統一教会 8月10日、岸田文雄首相は内閣改造・自民党役員人事を断行した。想定されていたよりも1ヶ月ほど前倒しされた理由として、安倍晋三元首相の銃撃事件とその結果、明らかとなった旧統一教会と政…

記事全文を読む