山際大臣に身内からも「ありゃ、持たない」 辞任すれば“統一教会ドミノ”が起こるか

 国葬で来日した各国首脳らとの弔問外交を終え、岸田文雄総理(65)が狙うは低支持率からの反転攻勢。が、今月からは“瀬戸際”の大臣とともに、針のむしろの「臨時国会」が始まる。 *** 遺骨が葬儀場に到着…

記事全文を読む