「高山若頭はひとり勝ちで秘かに笑っている」という、3社連合の立役者、神戸山口組・入江副組長の脱退 神戸側は副組長を説得中

■急転直下の決断の裏に 神戸山口組と池田組が連帯し、そこに池田組と運命を共にする絆會も絡んでの「3社連合」。図らずも山口組分裂からちょうど7年目のタイミングで発生したこの動きは、関係者の注目を大いに集…

記事全文を読む