東出昌大の続く“謝罪生活”、唐田えりかの“復帰作”は杏の事務所俳優の出演で白紙に

東出昌大と唐田えりか 7月18日、カンヌ映画祭で『ドライブ・マイ・カー』が脚本賞を受賞。日本映画初の快挙となったが、思わぬところに余波が─。「監督を務めた濱口竜介氏は'18年公開の『寝ても覚めても』を…

記事全文を読む