神戸、ACL準決勝敗退…120分死闘もVAR判定に二度泣かされ、日本勢4年連続のファイナル進出ならず

 アジア・チャンピオンズリーグは12月13日、準決勝の蔚山現代対ヴィッセル神戸の一戦が19時(日本時間)のキックオフで行なわれ、神戸は1−2で敗れた。 神戸は大黒柱のアンドレス・イニエスタが決勝トーナ…

記事全文を読む