「遅れてイヌイの身体に…」バルサDFの乾貴士への“踏みつけ行為”が物議!元審判が異議「PKになるべきだった」

 現地時間12月29日に開催されたラ・リーガ第16節で、乾貴士と武藤嘉紀が所属するエイバルは、これまで全敗の敵地カンプ・ノウでバルセロナと対戦。57分にFWキケ・ガルシアのゴールで先制すると、10分後…

記事全文を読む