「なぜPKが与えられなかった?」ウルグアイ敗退で号泣のスアレス、FIFAの態度とレフェリーの判定に不満爆発!「僕らは“パワー”不足らしい」【W杯】

 現地時間12月2日に行なわれたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH最終戦で、ウルグアイはガーナと対戦し、ジョルジアン・デ・アラスカエタの2ゴールで2ー0と勝利を収めた。だが、同時刻に行なわれ…

記事全文を読む