「紙一重の差だった」クロアチアにPK戦敗退の日本代表に独メディアが賛辞!「相手GKが狂い咲いた」【W杯】

 現地月曜日、森保ジャパンはカタールワールドカップのラウンド16でクロアチアと対戦。1−1からの延長戦でも決着がつかず、試合はPK戦に突入した。日本は3人のキッカーが外して、これを1−3で落として苦杯…

記事全文を読む