「カマダは内気すぎる」「姿が見えない日本人」3戦ぶり先発の鎌田大地に“最低評価”相次ぐ「未だにフィットに苦労している異物のようだ」

「カマダは内気すぎる」「姿が見えない日本人」3戦ぶり先発の鎌田大地に“最低評価”相次ぐ「未だにフィットに苦労している異物のようだ」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 鎌田大地が所属するラツィオはコッパ・イタリアでジェノアを1-0で破ったが、ライバルの負傷でスタメン出場した鎌田はインパクトを残せなかった。
  • 現地メディアは鎌田のプレーを酷評し、『OA calcio』はチーム最低の5点を付け“内気で影響がないプレーだった”と評した。
  • ラツィオ関連メディアも同点 assessし、鎌田に「未だフィットしておらずラツィオのメカニズムに組み込まれていない」と批判した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment0