「新たな歴史を作った」「世界を手にしてる」羽生結弦が四大陸選手権制覇、スーパースラム達成に世界から驚嘆の声

羽生結弦が自身の手で蘇らせた平昌五輪のプログラムは、韓国の地で再び輝きを放った。 7日に行なわれた男子シングルのショートプログラムで、羽生は『バラード1番』を演技し、世界最高値となる111・82点を叩…

記事全文を読む