危険行為が頻発する男子テニス界、選手への処分が甘すぎるとの声を受けATPが行動規定見直しへ<SMASH>

ここ数か月の間にコート上での選手の危険行為が頻発している男子テニス界。これを受けてATP(男子プロテニス協会)の会長を務めるアンドレア・ガウデンツィ氏が内部文書を通じて、統括団体内で定められている行動…

記事全文を読む