久保建英、衝撃的大敗のグラナダ戦の出来に0点評価も。逸機&失点直結のミスで現地メディアが軒並み酷評「中枢でボールを喪失した」

5月7日、ラ・リーガ第35節が行なわれ、マジョルカは2-6でグラナダに大敗。16位から降格圏(18位)に転落した。 ライバル(戦前は勝点1差の18位)とのホームでの直接対決は、勝点差を広げる最大のチャ…

記事全文を読む