世界経済、景気後退の崖っ縁? 中国の減速、エネルギー価格上昇、先進国の金融引き締めが招きかねない「債務危機」

世界経済は景気後退の崖っ縁――そんな悲観的な見方が広がっている。世界各国の中央銀行のとりまとめ役である国際通貨基金(IMF)は、世界経済の国内総生産(GDP)の実質成長率が2021年実績の6.1%から…

記事全文を読む