<接待交際費の経費算入>法人は「年800万円まで」、個人事業主は「無制限」だが…「税務調査」で待ち受ける「思わぬ落とし穴」【税理士が解説】

<接待交際費の経費算入>法人は「年800万円まで」、個人事業主は「無制限」だが…「税務調査」で待ち受ける「思わぬ落とし穴」【税理士が解説】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 会社と個人事業主では経費の取り扱いが異なり、個人的な支出は会社では厳しく制限される。
  • 個人事業主の場合は自己否認でプライベートと仕事の経費の区別が緩和される一方、接待交際費の経費計上は困難な場合も。
  • 税理士によると、接待が多い場合は迷うことなく会社設立を検討したいとのアドバイスが記事を結んでいた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment1