年収1,200万円の48歳エリートサラリーマン、年金月26万円・70代両親のため「サ高住」入居を援助も…自らの“老後破産危機”に絶句【CFPが解説】

年収1,200万円の48歳エリートサラリーマン、年金月26万円・70代両親のため「サ高住」入居を援助も…自らの“老後破産危機”に絶句【CFPが解説】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 年収1,200万円の48歳のサラリーマンAさんは、高齢の両親の居場所を心配し、サ高住への入居を支援した。
  • しかしAさん自身の老後も考えると、マンション購入後の生活費や年金受給額が心配で相談に訪れた。
  • 交渉で価格を4,200万円に下げ、現金購入を決めたAさんは、理想の老後を送る覚悟を新たにした。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment1