ミスったら大変!新NISA〈加入申し込み先〉選びの重要ポイント…金融機関で大きく違う、商品数・積立の自由度【CFPが解説】

ミスったら大変!新NISA〈加入申し込み先〉選びの重要ポイント…金融機関で大きく違う、商品数・積立の自由度【CFPが解説】

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 新NISAを始めるには、まず金融機関でNISA専用口座を開設が必要だが、銀行では株式投資ができない。
  • 金融機関によって投資信託の取扱い本数と種類が変わり、ネット証券が最も選択肢が豊富。
  • 自分の投資目的と生活スタイルに合わせて、信託報酬が低く自由度の高い金融機関を選定する必要がある。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

記事全文を読むcomment0