子どもが「溶連菌」に感染 風邪と勘違いでどんなリスク? 症状&治療法を医師に聞く

咽頭結膜熱(プール熱)と同様に増加傾向の溶連菌感染症 症状や治療法を解説

記事まとめ

  • 「溶連菌感染症」は子どもがかかることが多いといわれている病気の一つ
  • 主に喉に感染して咽頭炎やへんとう炎を引き起こし、咽頭痛や発熱などの症状が生じる
  • 溶連菌感染症はリウマチ熱のほか、急性糸球体腎炎といった合併症を起こす可能性もある

記事全文を読むcomment0