市の温泉施設でレジオネラ菌2,300倍検出 感染すると最悪死の恐れ 市は「塩素注入器が故障していた」

市の温泉施設でレジオネラ菌2300倍も検出 感染すると最悪、死に至るケースも

記事まとめ

  • 福井県あわら市の温泉施設の浴槽から、基準値の最大2300倍のレジオネラ菌が検出
  • 市によると、塩素注入器が壊れていたといい、検出した浴槽の使用を中止した
  • レジオネラ菌は感染すると、最悪の場合、死に至ってしまうケースもあるという

記事全文を読むcomment1