名前に番号が入る銀行の由来|国立銀行の日(1873年6月11日)

 明治6年(1873年)6月11日、渋沢栄一により日本で最古の銀行となる第一国立銀行(現、みずほ銀行)が設立されました。その後の5年間で153の国立銀行が設立されました。渋沢栄一と第一国立銀行本店 国…

記事全文を読む

×