「ナチス関連書籍」掲載で通販カタログ「自主回収」騒動が「やりすぎ」と擁護される理由

 通信販売大手の千趣会は9月20日、通販カタログ「ベルメゾン」2022年秋号でモデルの女性がナチスドイツの第三帝国と関連する書籍を持った写真を掲載したとして、自主回収すると発表。通販カタログ編集者が事…

記事全文を読む