電撃「国葬解散説」も浮上!高まる「解散圧力」で顕現化した岸田政権「終わりの始まり」

 岸田内閣の支持率が、下落の一途を辿っている。 ケチのつき始めは、安倍晋三元総理の銃撃殺害事件後、自民党を襲った旧統一教会(世界平和統一家庭連合)問題だった。 その後、岸田文雄総理は旧統一教会との関係…

記事全文を読む