渋野日向子が見せた悔しさの違い 過去との決別からの全米V争い【記者が見た2020年名場面】

2020年もまもなく終わり。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内男子6試合、国内女子14試合となってしまった。21年まで続く異例のシーズン。短い時間ではあったが、今年も多くの名場面が生まれた。…

記事全文を読む